Uber Eats 初回注文3000円引きクーポンあり!詳細はこちら >>

自作段ボールイカダで出航!『印旛沼ダンボールイカダCUP』第1回開催レポート【原っぱ大学・千葉】

イベントリポート

佐倉ふるさと広場脇の印旛沼にて親と子の遊びの学校「原っぱ大学」が主催する『印旛沼ダンボールイカダCUP』が開催。

当初は夏休み期間中の8月上旬での開催予定でしたが、新型コロナ感染拡大に伴う緊急事態宣言が千葉県にもまた発出された影響で2度延期、開催規模を縮小して2021年9月23日に開催されました。

今回第1回目として開催され、わたしも取材してきましたのでレポートしたいと思います!

スポンサーリンク

“印旛沼ダンボールイカダCUP”って?

印旛沼ダンボールイカダCUPは親と子の遊びの学校「原っぱ大学」主催で開催。

>> 原っぱ大学 ホームページ

原っぱ大学にて普段の活動の中でも段ボールを使ってもいるようですが、イカダにしてレースをするのは今回が初の試みとのことでした。

イベントについてざっくり言うと、段ボールって水に浮かぶの?浮いたとしてイカダを作ってみたら進むの?

実際試してみたら案外イケるかも!?みんなで作って印旛沼でレースしちゃいましょう!ハラハラドキドキ!みたいな企画です。

イベントは千葉県佐倉市・佐倉ふるさと広場の脇、印旛沼を会場として開催されました。

わたしが会場についた頃にはもう出来上がっているチームもあれば、まだ作っている最中のチームも。

今回のイベントにあわせてTシャツもつくったみたいです。

参加者はライフジャケットを着用、佐倉市観光協会・印旛沼探検隊・佐倉市カヌー協会の方々とも協力して救助体制も整えての開催となりました。

無事ゴールしたチームは名前を記入してもらうことができる「印旛沼航海証明書」なんてものも用意されていましたよ。

原っぱ大学 について

原っぱ大学は子育て世代を中心とする親と子の遊びの学校で、神奈川・千葉・大阪に3つのフィールドを拠点に活動。

千葉県では2歳~15歳のお子様がいるファミリーを対象として佐倉草ぶえの丘(佐倉市)近くの”佐倉の森フィールド”を拠点にされています。

>> 原っぱ大学 ホームページ
>> 原っぱ大学 Facebook
>> 原っぱ大学(千葉) Twitter
>> 原っぱ大学(千葉) Instagram

総勢28チーム・約50人が繰り広げる熱戦!

ダンボールイカダレースには「一寸法師クラス(1人乗り)」「トムソーヤクラス(2人乗り)」「海賊船クラス(3人乗り以上)」の3部構成で、総勢28チーム・約50人が参加。

原っぱ大学・千葉の代表で、今回のダンボールイカダCUPのリーダーも務めるジョニーさん(こと中井さん)の挨拶の後、レース開始となりました。

レースへと向かうみなさま、なんかカッコイイ。

一寸法師クラス(1人乗り)

レースは1人乗りのクラス(一寸法師クラス)から開始。

こちらの船なんかは小学2年生の子が夏休みの自由研究で一度造ったものが沈んでしまったため、再設計して造ったというこだわりよう。すげーですね。

ちゃんと浮かぶのか、ゴールできるのかみんなが見守る中レースが行われました。

率直な感想としては、段ボールでもここまでちゃんと浮くんだな、ということ。かなりの人数がゴールまでたどり着きました。

形も様々で”これぞイカダ!”みたいなものもあったり。

半分沈んでいるのでは…と思っても何故か進むのはめちゃ速かったりします。

佐倉市カヌー協会の子などもいて、そういった子たちは案外体幹がしっかりしていて、ちょっとくらい沈んでいてもなんとかなっちゃうみたいです。笑

かなりしっかりした造りのものも多く、レース終了後にのんびり沼で浮かんでいる光景も見られました。

トムソーヤクラス(2人乗り)

続いて2人乗りのクラスである「トムソーヤクラス」。

2人乗り以上はかなり安定した造りになっていないと難しいのか、乗り込んだとたんに沈んでしまう船も結構ありました。(1人乗りクラスが優秀すぎたってのもあるみたいですけど。)

それでも結構な数のチームが無事ゴール。

根性でなんとか頑張るチームも。(よく頑張りましたねえ!)

海賊船クラス(3人乗り以上)

最後は3人乗り以上の海賊船クラス。人数制限は特になく段ボールが浮けば何人のってもいい、というクラスです。

レース前にふらふらっとみなさんの作っているイカダ(船)を見ていたりしたんですが、海賊船クラスはなかなか特徴的なものも多かったです。

でか・・・。一体何人で乗るつもりなんでしょうか。

はく・・・ちょう・・・。

う・・・ま・・・。

ひよ・・・こ・・・?(そして先頭の方はスーツ!!!)

ちょっと今回のイベントが何のイベントだったかよくわからなくなってきました。笑

レース、スタート!!

むむ、速い!

おちゃめなヒヨコの人たち、速い!!!!

ぶっちぎりでゴール!!!!

と思ったら次点のチームはどこ行っちゃうのん…。(ゴールは…こっちだよ…!)

もはや後ろが沈みはじめているけどなんとかゴール・・・!!!

こちらのチームは、もはや馬だか船だかわからないどころか、何しているのかわからないレベル・・・!(泳いでる…?)

めっちゃ頑張ってゴール!!ゴールしたあともキャッキャウフフしてました。(嘘です。)

そんなこんなで、海賊船クラスはなんだか賑やかなレースとなりましたとさ。

表彰式

レース終了後は表彰式をし、挨拶があって無事イベント終了となりました。

印旛沼ダンボールイカダCUP まとめ

とても暑い中での開催でしたが、みなさん楽しんで参加されているのが印象的でした。

新型コロナもありなかなか先行きが見えにくい世の中ですが、楽しめるイベントがあるというのはやはり貴重ですね。

この「印旛沼ダンボールイカダCUP」に関しては、今年だけでなく今後10年・20年と続けて印旛沼地域全体で盛り上がるような企画にしていければ、ということもおっしゃっていましたので参加してみたい方は来年以降も要チェックですよ!

印旛沼ダンボールイカダCUP イベント概要

■イベント名称
印旛沼ダンボールイカダCUP ~お前が沈んで喜ぶ者に、お前のパドルを任せるな~
■イベント日程
2021年9月23日(木・祝)
■会場
佐倉ふるさと広場(千葉県佐倉市臼井田2714
■運営
主催:原っぱ大学
協力:佐倉市観光協会、印旛沼探検隊、佐倉市カヌー協会
協賛:有限会社木下製餡(キノアン)

>> 原っぱ大学 ホームページ
>> 原っぱ大学 Facebook
>> 原っぱ大学(千葉) Twitter
>> 原っぱ大学(千葉) Instagram

コメント