アジアンスパ「ヒーリングヴィラ印西」が5/31で営業終了!7月中旬より新店オープン予定です!

開店・閉店


北総線 印西牧の原駅北側のショッピングモール「牧の原モア」内にある温泉施設「ヒーリングヴィラ印西」が2016/5/31をもって閉店とのことです。

当ブログ内でも紹介記事をアップしていて、夏季になってプールがオープンしたら行ってみたいと思っていたのですが非常に残念です。
https://www.inzai-topic.com/healing-villa-inzai/

営業終了まで残り少ないですので、最後に行きたい方はお急ぎを!

改装を経て別会社による新店オープンとのことですので、そちらも今後追っていきたいと思います。

※7月オープン予定とのことでしたが、8月に延期となっています。


ヒーリングヴィラ印西 営業終了のお知らせ

営業終了日
2016年5月31日(火)

公式サイト インフォメーション
ヒーリングヴィラ印西の公式サイトにて営業終了のお知らせが掲示されており、以下がその文面となります。

ヒーリングヴィラ株式会社としての当施設の営業終了及び新たな運営について

拝啓
 
風薫る五月、皆様にはますますご清栄のことと存じます。
平素より格別のお引き立てを賜り心より御礼申し上げます。

 弊社は平成17年よりヒーリングヴィラ印西を皆様方にご支援いただきながら運営をしてまいりましたが、
このたび諸般の事情により平成28年5月31日をもって、営業を終了させていただくこととなりました。

 長年にわたり賜りましたご愛顧、ご懇情に対し心から厚く御礼申し上げるとともに、
突然の営業終了でご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げる次第です。

 また、ヒーリングヴィラ株式会社として販売してまいりました回数券・金券類(リラクゼーション・エステ発行分も含み)について
未使用分の払い戻し等に関しては、弊社が責任をもって対応します。

平成28年5月31日までは店頭において対応致します。

また、平成28年6月1日以降の払い戻しについては以下の電話にご連絡をお願い申し上げます。弊社が責任を持って対応致します。
 ヒーリングヴィラ株式会社 電話番号:0476-47-6611

なお、7月中旬(予定)まで改装工事を実施し、別事業者が新たなお店をオープンすると報告を受けております。

略儀ながら書中にて営業終了のご挨拶を申し上げます。皆様の今後のご健勝とご発展を心よりお祈り申し上げます。

敬具

施設基本情報

ヒーリングヴィラ印西 (Healing Villa Inzai)
千葉県印西市牧の原1-3
牧の原モア内
営業時間:10:00~20:00
TEL:0476-47-6611

<公式サイト>
ヒーリングヴィラ印西 公式サイト
牧の原モア 公式サイト

■■■こちらもどうぞ■■■


https://www.inzai-topic.com/respa-inzai-open/

     

コメント

  1. 西白井在住 より:

    ヒーリングヴィラ印西の閉店を6月7日に公式サイトで知りました。平日利用件10枚を4月に購入し、まだ半分以上残っていたので電話をするも留守電。折り返し連絡を、とメッセージを残しても反応なし。「責任をもって対応」するはずでは? 疑念が拭えません。経営者の原島敬之さんは、調布でプロバスケ運営会社の代表をするなど社会的な影響力のある方のようです。誠意ある対応を求めています。

    • ふくた ふくた より:

      コメントありがとうございます。
      6月1日以降でも電話すれば責任を持って対応すると明記してあるのに、これはひどいですね!

  2. 西白井在住 より:

    その後の情報です。「千葉ニュータウンオンライン」を拝見し、印西市消費者センター047-462-3306に連絡してみました。すると、しつこく連絡し続けた人に、債権回収業者から連絡があり、振り込みがあったことが昨日わかったそうです。わたしもこれから毎日連絡してみます。それにしても電話代もかかるし、全く迷惑な話です。早く対応して欲しいです。ちなみに、わたしは千葉県の消費者センターに先に連絡をしてしまったのですが、そちらでもやはり連絡がつかなかったということです。モアの運営会社への家賃も、保証金を上回る額を滞納しているとか。困ったことですね。

    • ふくた ふくた より:

      情報ありがとうございます!

      これは本当に対応がひどすぎますね。コメントいただいてから私も「千葉ニュータウンオンライン」さんのコメント欄をみさせていただきましたが、困っている方がだんだん増えてきていますね。別途記事を書こうかと思います。

  3. 春犀 より:

    原島社長が汗水たらして働いているところを従業員に見せたら、こうはならなかったでしょう。趣味で作って趣味で経営をしている最低の経営者。従業員も士気が上がらないわけだ!