10/12の白井市冨士の死亡ひき逃げ事件で鎌ケ谷市の高校生が逮捕、無免許過失運転致死・ひき逃げの疑い

ニュース

以前に当ブログでもお伝えしていた、白井市冨士の県道で2017年10月12日(木)白井市の路上で死亡している男性が見つかり、死亡ひき逃げ事件として警察が捜査していた事件で鎌ケ谷市の高校生が10月25日(水)逮捕されました。

10/12(木)白井市の路上で死亡している男性が見つかり、ひき逃げ事件として警察が捜査中
2017年10月12日(木)白井市の路上で死亡している男性が見つかり、頭や腕に車にひかれたような跡があることから死亡ひき逃げ事件として警察が捜査中とのことです。 事件の詳細 頭や腕に“轢かれた痕” 夜中の千葉でひき逃げ事件(テレ...


事件の詳細

逮捕されたのは鎌ケ谷市の高校生(16)で、無免許でバイクを運転し、路上にいた船橋市の会社員の男性(22)をひいてそのまま逃げた疑いということです。

高校生が一人で出頭し、逮捕となったようです。

なんと、高校生だったとは。しかも無免許。

死亡ひき逃げ、容疑で無免許の高校生逮捕 「寝ている人をひき、逃げた」 /白井(千葉日報オンライン)- Yahoo!ニュース

今月12日、千葉県白井市の県道で男性がひき逃げされ死亡した事件で、バイクを無免許運転し、ひき逃げしたとして印西署は25日、自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致死)、道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、鎌ケ谷市の男子高校生(16)を逮捕した。

逮捕容疑は、12日午前1時15分ごろ、白井市冨士の県道で、無免許でバイクを運転し、路上にいた船橋市の会社員男性(22)をはねて死亡させ、そのまま逃げた疑い。

     

コメント