印西・千葉ニューのLINEオープンチャット部屋をつくってみました。詳細はこちら >>

常時約1200品の品揃え!BIGHOP「北海道うまいもの館」店長オススメ商品含めいろいろ買ってみた

お出かけ・取材

北総線 印西牧の原駅にあるショッピングモール BIGHOPガーデンモール印西にオープンした北海道物産専門店「北海道うまいもの館」さん。

日本各地、いろいろなところで開催される北海道物産展とかも大人気ですので、北海道のものってなんだか気になるものが多いですよね。

オープン後、印西とぴっくでも少し個別商品などご紹介もしていましたが、今回お店の中も含め写真を撮らせていただくことができましたので全体的にご紹介したいと思います!


北海道うまいもの館 について

北海道うまいもの館は、千葉県内では他にも千葉市のベイフロント蘇我、船橋のららぽーとTOKYO-BAYなどにも店舗がある北海道の物産店でビッグホップガーデンモール印西店は2020年4月24日(金)にオープンしています。

▼BIG HOPガーデンモール印西

ひとつ注意点としては、いわゆる北海道に旅行に行ったときに買ってくるお土産の定番(「白い恋人」とか)的なものは売っていなくて、どちらかというともう少し日常利用できそうな商品が多く売られていますので、そういった定番のお土産ものを期待して行くと少し肩透かしをくらうかもしれません。

■施設名
北海道うまいもの館 ビッグホップガーデンモール印西店
■住所
千葉県印西市原1-2 BIGHOPガーデンモール印西 1階(GoogleMap
■営業時間
10:00~20:00
■関連ホームページ等
ワンダービルド(運営会社)ホームページ

常時約1200品の品揃え

店内には数多くの商品が並び、常時約1,200点の商品が揃えられているということです。


店内入ったあたりにあったシャンプーや石鹸などのほか、りんごジュースとかのジュース類など。


キャンディーやグミ、ゼリーなどなど。


個人的に子供の頃、函館あたりに旅行にちょこちょこ行くことがあり、バター飴とかよく買った思い出。これではないけども。


個人的には夕張メロンのゼリーとか大好物です。



花畑牧場シリーズとか、とうきびチョコとかも種類たくさん。




でっかいタラバガニとか毛ガニなどもありました。



カレーもたくさんありました。ちょっと数えてみたらカレーだけで50種類くらい。北海道だとスープカレーとか気になりますよね。


袋麺などもいっぱい。



マツコデラックスさんの番組でも紹介された話題の「利尻昆布ラーメン」なんかもありましたよ。


お酒も結構置いていました。


個人的にはこのあたりのコーナーがとても気になるものが多い。(単にお酒のツマミになりそうなものが多いだけですが。)


以前にご紹介した「鮭ルイベ漬」ですが、わたしが今回行ったタイミングではわさび入りの方しかなく、普通の方は売り切れでしょうか?さっそく人気ですなあ。

北海道でお馴染みの商品が多数

北海道物産店ですので、もちろん店内には北海道ではお馴染みの商品も多数並びます。


北海道のソウルドリンクとも言える「カツゲン」。


お酒類で外せないのはやっぱり「サッポロクラシック」。


こちらは北海道の方にとって、というよりは観光客に、かもしれませんがラーメン屋「すみれ」の生ラーメンなんかも。


店頭では松尾ジンギスカンの鍋なんかも売られていました。



店内ではジンギスカン肉の取り扱いもありますので、松尾ジンギスカンの鍋と肉を使って家でジンギスカンも楽しむことができちゃいますね。

ソフトクリームも販売

こちらの北海道うまいもの館さんでは、ソフトクリームも販売されています。



ミルク、メロン、ミックスの3種類でカップとコーンがあり全て350円です。

以前にわたしも食べて別途記事にもしていますが、メロンがとても美味しくてオススメです。

あとは季節限定で定期的に変わるソフトクリームの味なんかも1つくらいあるとよりいいかなーと思ったり。

店長にオススメ商品聞いてみた

これだけ商品があると何を買えばいいかわからなかったため、店長さんにこれぞというオススメ商品を聞いてみました。


まずは「いか昆布」。農林水産大臣賞受賞というなんだかすごそうなやつ。

タモリ倶楽部・ひるおび!・グッド!モーニング・月曜から夜ふかしなどメディアでも多数紹介されている商品だそうです。


もう1点、「ねこぶまんま」という商品。


うまいもの館全館で人気No.1という商品で、合成着色料・合成保存料・合成甘味料無添加だそうなので、小さい子でも安心して食べられそう。


その他スイーツ商品が2つほど。


1点目は「三方六」という北海道銘菓のバームクーヘン。

十勝産100%の小麦粉をはじめ、バター・砂糖・卵すべて北海道産を使用するというこだわり。


もう1品は「よいとまけ」という商品。


日本一食べにくいお菓子といわれるスイーツ。

まわりがベッタベタで、現在は少し食べやすいように切られた状態で売られるようになっていますが、昔は切られていなくて本当に食べづらいものだったそうです(笑)。

いろいろ買ってみたよ


せっかくなので、わたしも店長オススメの商品プラス、個人的に気になったものをピックアップして買ってみました。

が、調子に乗ってちょっと買いすぎましたね。。(結構なお値段しました…。)


まずはサッポロクラシック。お酒好きとしては外せないでしょう。


お酒だけじゃなんなので、ということで買ってみたスモークサーモン。


まあ美味しかったですわ。サーモンは裏切らない。


夕張メロンのゼリーも買ってみました。

本当はもっといっぱい入った商品もあったのですが、多すぎて一生懸命食べなければいけないことになりそうだったので、少し少な目のものを購入。


いや、やっぱり夕張メロンのゼリーはウマイわ。


北海道民のソウルドリンク、リボンナポリンがサワーになった「ナポリンサワー」も。

こちらはまだ飲めていないので、飲んだら別途記事にしようかなと思っています。


店長オススメ商品もひととおり買ってみました。


いか昆布は農林水産大臣賞だけでなく、2014-2015全国ふりかけグランプリ金賞というなんかすごそうな受賞経歴。


書いてある用途としては、ふりかけ、おにぎり、お茶漬けなど。


わたしは、全国ふりかけグランプリ金賞ということもあるのでまずはふりかけにしてみました。いかと昆布の風味がウマイですね、これは。



こちらはねこぶまんま

まずはそのまま食べてみましたが、昆布がいいのか、旨味がとてもありました。


冷ややっこに合わせてみましたが、さすがにこれだけでは味気ないので、少し醤油とかもかけた方がより美味しいかと思います。


三方六も購入してみました。これは見た目にも美しいですね。


何より、このお菓子は本当に美味しい。この味で600円台で買えますし(ビッグホップのお店値段)、北海道銘菓ですけどBIGHOPさんに行ける方はちょっとした手土産にしても喜ばれそうです。


あとは、日本一食べにくいお菓子だというよいとまけ


これ、マジでベッタベタ(笑)。切ってあるのでそれほどでもと思ったけどホントに結構食べづらい。味としてはブルーベリージャムとか好きな方は好きだと思います。

さいごに

1200品もあるそうですので、たくさんあってご紹介しきれませんが、見ていると買ってみたいものがたくさんあって散財してしまいそうです。

レトルトカレーなどまだ買ったけど食べていないものなどもあるので、他の物についてもまたタイミング見てご紹介したいと思います。

ひとまず、BIGHOPにオープンした北海道物産店の「北海道うまいもの館」さん。北海道の魅力的な商品たくさん売っていますので、みなさまもぜひ行ってみていただければと。

本記事見て気になる商品があるけどBIGHOPはちょっと遠いなーなんて方はお取り寄せできるものも多数あるかと思いますので、いろいろと探してみてはいかがでしょうか。

ではでは。

     

コメント

タイトルとURLをコピーしました