1/26(金)印西市の会社員が酒気帯び運転の容疑で逮捕、車でJR高崎線の線路内に侵入、乗客2万6千人に影響

ニュース


2018年1月26日(金)JR高崎線の線路内に車で侵入した印西市の会社員が酒気帯び運転の容疑で現行犯逮捕されました。


事件の詳細

酒気帯び運転で高崎線の線路に侵入、容疑の男逮捕「道わからなくなった」 乗客2万6千人に影響/さいたま (埼玉新聞) – Yahoo!ニュース

埼玉県の大宮署は26日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、千葉県印西市草深、会社員の男(50)を現行犯逮捕した。男は乗用車を運転して、JR高崎線上り線の線路内に侵入。「道が分からなくなって線路に入ってしまった」と供述しているという。

逮捕容疑は同日午後9時半ごろ、さいたま市北区宮原町3丁目の市道を酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

~~中略~~

影響で、同線は上野~籠原間で一時運転を見合わせ、27日午前0時35分に運転を再開。上下31本に最大3時間1分の遅れ、乗客約2万6千人に影響が出た。

呼気1リットル当たり0.4ミリグラムのアルコールが検知されたとのことです。

道が分からなくなっても線路内には入らないと思うのですが。。酔っていてその判断もできなかったということでしょうか。

24時過ぎに運転を再開して、いったいいつまで電車動いていたのでしょう。帰宅等に影響あった方は大変でしたね。。

     

コメント