千葉竜ケ崎線バイパスの一部区間が1/17(水)正午に開通、グッドマンビジネスパーク近くから国道464号線方面

ニュース


県道千葉竜ケ崎線の印西市草深地先から国道356号大森地先までの区間については、現道の交通混雑解消と歩行者の安全確保を図るため、延長2.5キロメートルのバイパスの整備が進められていますが、そのバイパスの一部区間が1/17(水)に開通するようです。

場所的には印西市鹿黒にあるグッドマンビジネスパークから国道464号線方面への一部区間となります。

※写真はイメージです。


千葉竜ケ崎線バイパス一部開通

0A8CE5F5-102E-4118-81B9-68CD8DB26588
※画像:千葉県ホームページ資料より

(平成30年1月)主要地方道 千葉竜ケ崎線バイパス(印西市草深地先)が部分開通します!/千葉県

県道千葉竜ヶ崎線の印西市草深地先から国道356号大森地先までの区間については、現道の交通混雑解消と歩行者の安全確保を図るため、延長2.5キロメートルのバイパスの整備を進めています。

このうち、印西市草深地先の0.3キロメートルについて、平成30年1月17日に開通します。

引き続き、早期全線開通を目指し、残る区間の整備を進めてまいります。

◼︎開通日時
2017年1月17日(水)正午

◼︎開通区間概要
路線名:主要地方道 千葉竜ケ崎線バイパス
開通区間:印西市草深地先
延長:0.3キロメートル
幅員:18.0メートル(車道6.5メートル)
車線数:2車線

期待される効果

このバイパスの一部区間の開通により、「円滑な交通」・「安全性の向上」・「物流活動の強化」が期待される、とのことです。

  • 線形不良の現道区間を迂回するルートにより、円滑な交通を確保
  • 現道の狭い歩行空間に代わり、歩道を整備することで安全性が向上
  • 開通区間周辺に進出している物流企業の新たな物流ルート確保による、物流活動の強化

今回開通する区間の近くにある物流施設グッドマンビジネスパークでは一般の方でも利用できる店舗なども整備される「アメニティゾーン」というものが計画されています。

2018年1月にステージ2が竣工予定のグッドマンビジネスパーク、アメニティゾーンはどんな感じになるの?
※画像:グッドマンビジネスパーク 公式サイト パンフレットより 2016年に竣工したステージ1(イースト)は100%契約済み、2018年1月竣工予定のステージ2はほぼ50%が賃貸契約済みと好調なグッドマンビジネスパーク(千葉県印西市)...

千葉竜ケ崎線バイパスが全面的に開通した場合、国道464号線と国道356号線の行き来がしやすくなるのもそうなのですが、両国道からグッドマンビジネスパークに行きやすくなるということもあり、このアメニティゾーンにできるお店にもまた期待感が高まります。

     

コメント