「本当に住みやすい街大賞2019」で千葉ニュータウン中央が8位、シニア編で印西牧の原が3位にランクイン、住宅ローン専門金融機関のアルヒ主催ランキング

ニュース

住宅ローン専門金融機関のアルヒ主催の「本当に住みやすい街大賞2019」が12月12日(水)に発表されました。

このランキングで、千葉ニュータウン中央が第8位、シニア編では印西牧の原が3位にランクインしています。

東洋経済の住みよい街ランキングにおいて2012年から7連覇中の印西市ですが、こちらもぜひチェックしてみていただければと。


本当に住みやすい街大賞って?

「本当に住みやすい街大賞」は住宅ローン専門金融機関のアルヒ主催で、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県が対象として住環境・交通利便・教育環境・コストパフォーマンス・発展性という基準をもとに選定されています。

本当に住みやすい街大賞 2019 | アルヒ株式会社

千葉ニュータウンが8位にランクイン!

今回の「本当に住みやすい街大賞2019」は以下の通りとなっています。

■ランキング結果
1位:赤羽(東京都)
2位:南阿佐ヶ谷(東京都)
3位:日暮里(東京都)
4位:川口(埼玉県)
5位:柏の葉キャンパス(千葉県)
6位:勝どき(東京都)
7位:南千住(東京都)
8位:千葉ニュータウン中央(千葉県)
9位:小岩(東京都)
10位:矢向(神奈川県)

千葉ニュータウンの評価内容としては以下のような感じ。

総合評価 3.84

発展性 4.0/5.0
住環境 4.2/5.0
交通の利便性 3.0/5.0
コストパフォーマンス 4.0/5.0
教育・文化環境 3.9/5.0

  • 「住む」「働く」「学ぶ」「憩う」など、各種機能の複合した総合的な都市づくりを進める千葉ニュータウンの中心駅、計画的な街づくりで、街路樹などの自然も豊富で良好な住環境が醸成されている
  • 新築分譲価格は割安感が大きく、ゆとりある面積の物件が多い

詳細な評価内容については以下からご確認いただければと。

【本当に住みやすい街大賞2019】第8位 千葉ニュータウン中央:商業施設が充実し、良好な住環境が醸成された街

シニア編では印西牧の原が3位にランクイン!

この「本当に住みやすい街大賞」ですが、シニア編のランキングというのもあって、そちらでは「印西牧の原」が第3位にランクインしています。

■ランキング結果
1位:大泉学園(東京都)
2位:神田(東京都)
3位:印西牧の原(千葉県)

本当に住みやすい街大賞 2019 シニアランキング | アルヒ株式会社

印西牧の原の評価内容としては以下のような感じでした。

総合評価 3.91

生活環境 4.5/5.0
レジャー環境 4.0/5.0
福祉 医療環境 4.0/5.0
街の安全性 4.6/5.0
交通の利便性 2.6/5.0

  • 区画整理された整った街並みで宅地面積にゆとりがあり、火災の延焼などの危険度が低い
  • ジョイフルホンダ・千葉ニュータウン店をはじめ大型の商業施設が駅周辺に揃う、ヤオコーなどのスーパーもあり買い物の便も良好
  • 習志野カントリークラブをはじめゴルフコースが周囲に点在、印旛沼など自然環境も身近、成田空港へのアクセスが良く飛行機利用の国内・海外への拠点として魅力的

こちらも詳細な評価内容のページがありますので、気になる方は以下からご確認ください。

【本当に住みやすい街大賞2019 シニア編】第3位 印西牧の原:災害に強く、スポーツ&レジャーが楽しめる街

住宅ローン専門金融機関主催ってことで、住宅開発真っ只中の千葉ニュータウン中央と印西牧の原が選ばれているのは何かの力が働いているのでは…なーんて思ってしまいますが、自分が住んでいる街が選ばれるのは嬉しいもんですね。

ぜひみなさまも内容確認してみていただければと。

     

コメント