印西市が固定資産税を20年間にわたり合計2億円以上誤徴収、3億円余りを返還へ

ニュース

印西市が市内の大規模事務所ビルの固定資産税・都市計画税を、税率の高い構造の家屋と取り違え、平成9年度から20年間にわたって固定資産税を誤って余分に徴収していたと発表しました。

利子にあたる加算金も含め3億円余りを会社に返還するということです。


印西市、固定資産税2億円誤徴収

固定資産税2億円誤徴収 印西市|NHK 首都圏のニュース

千葉県印西市が市内のビルを所有する会社から20年間にわたって固定資産税2億円余りを誤って余分に徴収していたことがわかり、印西市は会社側に謝罪するとともに今後、加算金も含め3億円余りを返還することにしています。

このオフィスビルは主な構造が実際には「鉄骨」ですが、より評価額が高い「鉄骨鉄筋コンクリート」として計算されていたため、税額が過大に算定されていたということです。

     

コメント