ドローンレースSKY FIGHT(スカイファイト)を体験!一人でもみんなでも楽しめる新しい参加型エンターテインメント【DRONE THE WORLD】

お出かけ・取材

印西とぴっくでも以前にもお伝えしていますが、BIGHOPガーデンモール印西内にあるドローンショップ「DRONE THE WORLD」にSKY FIGHT(スカイファイト)というドローンレース場ができています。

参考記事:BIGHOPのDRONE THE WORLDにドローンレース場「スカイファイト」が2/23(土)オープン、全国で同時オンライン対戦も可能

同じ場所では4人まで同時対戦可能、全国の他のレース場のプレイヤーの方たちと速さのランキングもリアルタイムで競える今まであまり例のないドローンを利用した遊び場です。

わたしも実際にドローンを操作して体験してきましたので、どんな感じだったのか、ご紹介したいと思います。

会員登録も簡単なのですぐに始められますよー。


SKY FIGHT(スカイファイト)について

SKY FIGHT(スカイファイト)は重さ90g以下のミニミニドローンで公式コースを3周回ってスピード順位を全国のレース場の競技者と競うことができるドローンレース場です。

ドローンレースSKY FIGHT(スカイファイト)

年齢は4歳から参加でき、同一レース場では4人まで同時対戦も可能です。

ドロ活女子ユニット「ドローンビーナス」とのオンライン対戦も随時開催予定。成績上位者には景品があったり、年間チャンピオンはスペシャルゲスト付きのイベントへの招待などもあるようですよ。

レース場は東京都内を中心に名古屋・埼玉など含め8箇所が展開中。札幌や広島などへの出店も予定されているそうですので、今後も増えていくものと思われます。

千葉県内では今のところBIGHOPガーデンモール印西にあるドローンショップ DRONE THE WORLDさんが唯一のレース場ですね。

▼SKY FIGHT(スカイファイト)チラシ

▼SKY FIGHT【スカイファイト】-Teaser- 新感覚・新体験の参加型ドローンレース始動! – YouTubeより

SKY FIGHT【スカイファイト】-Teaser- 新感覚・新体験の参加型ドローンレース始動!

SKY FIGHT(スカイファイト)に参加するには?

ドローンレース SKY FIGHT(スカイファイト)に参加するには、スカイファイトの会員登録が必要です。

会員には以下2種類が存在します。

  • 無料会員
  • プレミアム会員(月額880円・税抜き)

スカイファイトの公式サイトからも会員登録が可能ですが、スマホをお持ちの方はドローンネット提供の無料アプリ「ドローンシアター」からも簡単に登録が可能です。

レースの参加費用は以下の通り。

  • 無料会員:レース1回あたり税込500円 ※購入は2枚単位
  • 有料プレミアム会員:レース料金無料

▼2枚つづりのチケット

無料会員登録方法(スマホアプリ)
  • STEP1
    スマホアプリ「ドローンシアター」をダウンロードします。

    DRONE THEATER【ドローンシアター】

    DRONE THEATER【ドローンシアター】

    DRONE NET, K.K.無料posted withアプリーチ

  • STEP2
    メニューから「SKY FIGHT 会員ログイン」をタップします。
     
  • STEP3
    画面下へスクロールして、「無料会員登録」をタップします。
     
  • STEP4
    ニックネームとパスワードを決定すると、IDが発行されます。
     

    発行されたIDの数字がわかれば参加はできますが、このアプリのマイページでは自分のQRコードを表示することができ、そのQRコードを読み取ることでも参加可能です。
     

SKY FIGHT(スカイファイト)ドローンの動かし方


参加料金を払うことで、すごく小さくて軽いドローンを無料でレンタルすることができます。


使うコントローラーはこちら。左と右に1つずつスティックがあります。

左側スティックで上昇・下降・左旋回・右旋回の操作、右側スティックで前進・後進・左に進む・右に進む操作を行ってコースを回っていく、というのが基本の流れです。


最初にコントローラーの丸いボタンを押すことでプロペラが回り始め、各種操作が可能になります。(終わるときはもう一度この丸いボタンを押して下降させて着陸するとプロペラが止まります。)

▼上昇


左側のスティックを上に倒すことで上昇操作が出来ます。

▼下降


左側のスティックを下に倒すことで下降操作が出来ます。

▼左旋回


左側のスティックを左に倒すことで左旋回操作が出来ます。

▼右旋回


左側のスティックを右に倒すことで右旋回操作が出来ます。

▼前進


右側のスティックを上に倒すことで赤いプロペラを前として前進操作が出来ます。

▼後進


右側のスティックを下に倒すことで赤いプロペラを前として後進操作が出来ます。

▼左に進む


右側のスティックを左に倒すことで赤いプロペラを前として左に進む操作が出来ます。

▼右に進む


右側のスティックを右に倒すことで赤いプロペラを前として右に進む操作が出来ます。

SKY FIGHT(スカイファイト)体験してきたよ


わたしもSKY FIGHT(スカイファイト)体験してみました。

操作の方法は理解しているつもりでも、いざやってみると結構難しかったです。


レースのタイムはその場でわかるようになっていました。

 
また、少し時間が経つと(数分程度)他の店舗で挑戦をした方含めての当日・週間・シーズンなどいろいろな区切りでのランキングもスマホアプリの方で確認できるようになります。

本記事執筆時点では「プラネットカップ」というものが6月までの予定で開催中。その後はコースを変えてまたシーズンごとにいろいろ開催されていく予定のようです。

SKY FIGHT(スカイファイト)プラネットカップコースイメージ【DRONE THE WORLD】

ちょっとボケちゃって見づらいかもですが、上手な方だとこんな感じでスイスイ回れちゃいます。(ちなみにこちらはドローン ザ ワールド 千葉BIGHOP店の店長さんです。さすが。)

まとめ:SKY FIGHTは1人でもみんなでも楽しめるドローンレース!

操作自体はそこまで複雑ではないので、速いかどうかは置いておいて、とりあえず飛ばせるようには比較的すぐなるかと思います。

すごく小さいドローンのため、風の影響を受けやすいということで、複数人でかち合ったりすると結構面白い動きをするようです。

同じ場所では4人まで同時対戦可能ですので、みんなでワイワイやってもいいですし、空いているときは1人で速さを追求して飛ばしてみたりといろいろ楽しめそうな感じでした。

無料会員の方はレース2回で1,000円なのですが、今のところ有料会員は月額880円(税抜)でレースは飛ばし放題なので、1人で1月2回はやるんであれば、有料会員になっちゃった方がいいです。

楽しかったのでわたしも有料会員になっちゃおうかなと思ったり思ってなかったり(笑)。

年齢的には4歳から参加可能となってますので、親子でも楽しめるかと思いますよ!ゲームやったことがあるかとか、その子の状況にもよりますが4歳でも飛ばせる子は全然飛ばせちゃったりするとお店の方も言ってました。

予約とか特に必要ありませんので、ぜひみなさまもフラッと行かれてみてはいかがでしょうか〜。

今回体験したお店:ドローン ザ ワールド 千葉BIGHOP店

今回わたしがドローンレースSKY FIGHTを体験したのは、北総線 印西牧の原駅にあるショッピングモール BIGHOPガーデンモール印西にあるドローンショップ・ドローンスクール「ドローン ザ ワールド 千葉BIGHOP店」です。

店名ドローン ザ ワールド 千葉BIGHOP店
住所千葉県印西市原1-2
BIGHOPガーデンモール印西 バリューモール1階
TEL0476-37-8116
営業時間平日11:00~17:00、土日祝11:00~18:00
定休日木曜日
URLDRONE THE WORLDホームページ

▼BIGHOPガーデンモール印西

店内ではドローンの販売や、ドローンをレンタルしての操作体験などができます。




     

コメント