【花火中止問題】打ち上げ業者から提訴されている印西市が損害賠償を求めて業者を逆に提訴する方針

読んでいただきありがとうございます。よろしければシェアしてください。

news-eyechatch ニュース

2016年8月に開催予定だった印西市市制施行20周年記念花火大会の中止した問題で、打ち上げ業者から提訴されていた印西市が損害賠償を求めて逆に業者を提訴する方針を決めたとのことです。

スポンサーリンク

ニュースの詳細

花火大会中止の問題については、もともと打ち上げ業者(印旛火工)側が、花火を打ち上げられなかったのは印西市の除草不足や整地不足が原因として、市に委託料1500万円の支払いを求めて昨年調停を申し立てましたが、合意見込みがないとして調停が不成立になったため提訴していました。

それに対して、今度は印西市側が「市に義務違反はなく相手方に原因がある」として、反訴する方針を決定した、ということのようです。請求額の内訳としては、会場設営委託料626万円、警備委託料507万円、除草委託料282万円、職員人件費144万円など、事業にかかった経費のほぼ全額が含まれるそうで、今回のこの方針については、関連議案が3月の市議会で議題にあげられ、可決されれば反訴となるようです。

参考リンク:<印西花火中止>打ち上げ業者が支払い求め提訴、市は損賠求め反訴へ(千葉日報オンライン)- Yahoo!ニュース

一般的に花火大会として主催者側がどこまでの範囲をやるべきで、どこまでが打ち上げ業者がやるべきで、というのはわたしは全くわからないですし、経緯を端から端までちゃんとは追っていないのでなんとも言えませんが、事業経費のほぼ全てを損害賠償として請求するということは、印西市側は自分たち側が1ミリも悪くないという主張なんですよね、きっと。

結果中止になってしまったのですから、お互いに非を認めるべきところは認めて、今後に活かすというのは難しいのでしょうかね。。まあ大人の世界はいろいろと難しいのでしょう。いや、今回は本当にどっちかだけが悪いとかあるんでしょうか。よくわかりません。後は裁判所がどう判断するかですね。

◾︎◾︎◾︎本投稿の関連記事◾︎◾︎◾︎

※写真はイメージです。 千葉県印西市の市制施工20周年を記念して花火大会が開催されます。 当日は混雑が予想されるため交通規制があ...
先週末に開催された「いんざいふるさとまつり」と「市制施行20周年記念花火大会」に行ってきました。 開催日(2016/8/27)当日、会...

■■■当ブログへのお問い合わせ■■■
最後までお読みいただきありがとうございます。

当ブログに対する情報提供他、お問い合わせに関しては以下からお願い致します。(以下いずれでも連絡しやすい方法で構いません)

印西市周辺で活動されている団体やサークル、お店の方などで紹介して欲しい、取材して欲しいなども大歓迎です。

少しでも印西市を盛り上げるお手伝いができればとおもっております。

些細なことからで結構ですので、お気軽にご連絡ください。

投稿コメント欄
ツイッター(@InzaiTopic)
Facebookページ
問い合わせページ

スポンサーリンク

読んでいただきありがとうございます。よろしければシェアしてください。

印西とぴっくは各種SNSを利用しています。お気軽にフォローください。

コメント

  1. masa より:

    ありゃ、とうとう裁判秒読みですか;この費用も税金ですからね。しかし花火大会って2000万も掛かるもんなんですね。高いわ~。

    >除草不足や整地不足
    この辺は花火業者はプロなのだから、事前調査で分かっていたはずですがね~。全く準備できなかったのかな?

    >反訴
    ちょっとピンとこないんですけど、花火業者への支払いを止めただけじゃなくて、その他経費も賠償しろと…黙らせるために逆に訴えたのかな。

    当日は現地にいましたけど、小雨が降り始めて風も強かったから中止になってもおかしくなかったですよ。結局、どういう契約内容だったかに依りますね。前例がありそうなものだけど。

    • ふくたろー より:

      masaさん

      コメントありがとうございます。

      >除草不足や整地不足
      ⇒これは私も事前にわかるでしょう、と思います。当日の雨でぬかるんでいた、というのはまだわかりますが除草していないはさすがに事前準備の段階じゃないのかなと思いますけども。

      結局のところ契約内容がわからないので、私たちにはどちらがどうというのはわかりませんよね。当日は確かに雨と風がありましたが、比較的近くのどこかでは花火大会開催された、とかではなかったでしたっけ?だいぶ経ってもう記憶があいまいですが。