いんざいふるさとまつりが10月に開催されるみたい、模擬店・ステージ・手焼きせんべいレシピ募集中(7月末まで)

ニュース

千葉県印西市にて、市政施工20周年記念や人口10万人突破記念などの節目に開催されている「いんざいふるさとまつり」が本年2019年にも開催されるようです。

今年は何かの記念なのでしょうかね?令和記念?

7月末まで模擬店・ステージ出演者・いんざいうまいもんコンテスト(手焼きせんべいを使ったレシピ)を募集されています。

興味のある方はぜひいかがでしょうかー。


いんざいふるさとまつりって?

いんざいふるさとまつりは、印西市と本埜村・印旛村との合併時や印西市市政施工20周年、人口10万人突破などの節目の年に開催されているお祭りです。

多くの模擬店も出店しステージショーなども開催されます。

▼2016年開催時の記事

「いんざいふるさとまつり」が木下交流の杜広場にて開催されます(8/27)!【市制施行20周年記念】
※画像:印西市観光協会ホームページより 「木下交流の杜広場」にて印西市の市制施行20周年記念事業として『いんざいふるさとまつり』が開催されます。 以前に当ブログでも模擬店やステージの募集についてご案内していました。 ...

▼2018年開催時の記事

10/13(土)イオンモール千葉ニュータウン近くの駐車場で「いんざいふるさとまつり」が開催、模擬店やステージショーなど、せんべい焼きギネス記録にも挑戦【当日の様子追記】
印西市の人口10万人突破記念事業として「いんざいふるさとまつり」が開催されます。 40店を超える模擬店や様々なステージプログラムがあり、野田市からのギネス記録奪還を目指して世界一の大きさのせんべい焼きの挑戦も行われます。 こちら...

2018年開催時には野田市に奪われていた世界一大きい手焼きせんべいの記録を抜くギネス記録にチャレンジして成功もしています。

千葉県印西市が世界一大きいせんべい焼きに成功、ギネス記録に認定されました!【いんざいふるさとまつり2018】
千葉県印西市にて人口10万人突破を記念して開催された「いんざいふるさとまつり」にて挑戦していた世界一大きいせんべい焼きが成功してギネス記録に認定、野田市から世界一奪還となりました。 世界一大きいせんべい焼き ギネス記録に認定 北...

2019年も開催、模擬店・ステージ等募集中

いんざいふるさとまつりが2019年も開催されるようで、7月末まで模擬店・ステージ・いんざいうまいもんコンテストの募集をされています。

■まつり開催日
2019年10月5日(土)

■募集内容
模擬店
ステージ出演
いんざいうまいもんコンテスト(手焼きせんべいを使ったレシピ)

■募集締切日
2019年7月31日(水)

各種お申込みはNPO法人印西市観光協会 ホームページからどうぞ。

今回は「いんざいうまいもんコンテスト」も

今回のおまつりでは「いんざいうまいもんコンテスト」という、手焼きせんべいを使ったオリジナルレシピの募集(審査通過者は当日会場にて販売)もされています。

対象は印西市内在住・在勤の方でスイーツ・主食・おかず・おやつなど種類は問わず、せんべい1枚以内で1人分のレシピ。審査通過者はおまつり当日会場にて50食程度を販売してもらい、来場者に投票をしてもらうということです。

順位に応じて以下のように賞品もあるようですので、料理得意な方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

■表彰・賞品
優勝:5万円分の商品券
準優勝:3万円分の商品券
3位:2万円分の商品券
入賞(4位・5位):1万円分の商品券

お申込みはNPO法人印西市観光協会 ホームページからどうぞ。

おすすめ関連情報

川村商店/創業90年以上・本格炭火手焼きの木下せんべい店、印西産コシヒカリと醤油のみの昔から変わらぬ安心の味、手土産等にも
千葉県印西市、木下地区の名物のひとつである木下せんべい。その昔「木下河岸」として栄えた木下地区において、大正末から昭和初めの頃に副業としてせんべいを商うお店が増えたのが始まりのようで、印西手焼きせんべい(木下せんべい)マップにも7店舗が掲載...
     

コメント